いいじゃん、適当で。 -厨二病末期患者がお送りするおバカなブログ-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【銀魂感想】第三百五訓:ジジイと若い女がいると何か色々想像力が増す

あ、いつもの捻りのあるサブタイに戻りました!!
てか、…そういう表現?
確かにそうかもしれないけど、やっぱそこはジジイやなくて若い青年とか…

なんていう空知節を否定するようなことは断じて思っておりません!!!いやホントだって!!マジで!!マジだから!!

とかいう超→どうでもいいような件で始まりました、今週のジャンプ銀魂感想。
ではさっそくいってみましょう(・ω・)ノ
ババン!!
20号表紙

↑でかくてごめんよ
ババン!!
第三百五訓



カッコよすぎだろォォォォォ!!Σ(//Д//)

まずは表紙。ぱっつぁんと神楽ちゃん担いで勢いよくドーーーン!!と飛び出す銀ちゃん(@´▽`@)もうヤバイですって///やっぱこういう勢いがあってこその万事屋って感じですね!!万事屋サイコーーー!☆(≧▽≦)☆!この勢いで映画館へ突撃だε=ε=┏( ≧▽≦)┛
続いて巻頭カラー。映画にちなんでのキャラが大集合!!万事屋にヅラ&エリー、妙ちゃんや鉄子、更には真撰組!!ライバル側には神威に鬼兵隊!!銀ちゃんが木刀でサイドを割っているのでそういう演出(?)がたまらない(≧ε≦)
表紙の勢い銀ちゃんも大好き!!だけど、このキメる銀ちゃんも大好き!!です!!もうたまりませんわァ(@´▽`@)
てかさ、劇場版は晋助メインだってのに、なんか神威の方がデカくありません?いやいやいや、別に構わないんですけどね!どっちも好きだし///二人とものド迫力がホントにたまりませんって!☆(≧▽≦)☆!
煽りもまたカッコいいんだよ!!
桜は散るとも銀魂散らず!まだまだ咲かすゼ大輪の花!!
桜、舞ってます!!作中でも、ウチの心ん中でも(笑)銀魂が散ることは決してありませんしネ!!

では本編いきます。
どうやら次郎長親分は最初から華陀が何をしようとしているか、感づいていたようです。一人、女狐の首を取りに。
ババァを殺さなかったのは、まぁまだ惚れてるってのもあるだろうけど、辰のおじちゃんとの約束を果たすため、侍として自分が護りたいものを護ろうとどんなことしてでも刀を振るう。そういう人なんだろうなって思います。どれだけ年老いても、気高き侍魂は衰えてはいませんね!!

一方妙ちゃんたちはみんなが大活躍で優勢でした!!そんななか、先週辺りから発覚した狂死郎さんが刀を振るえる件について。
オカマからしたらそりゃ大喜びやわな(笑)それでも何一つ表情も退かない狂死郎さんってある意味すげェ…。実は頭ん中では楽しいとか快楽とか覚えてんじゃ…(隠れS?)(笑)なんかそういのも面白そう。
             ほすと
狂死郎さんが扱う剣術は《百須斗神剣》だそうです(笑)どんな剣術だよ…
アゴ美もせっかくの目立ち場であっさりと狂死郎さんにやられる始末…σ(^◇^;)。。。さすがはかぶき町→ナンバーワンホスト!!女への配慮はすばらしい!!!
とかいうボケは└|・_└|ソノハ |┘_・|┘コッチニオイトイテ
一気にシリアスに戻ります。
手下たちに負けだと伝えると最後まで叩きのめそうとしないで行こうとします。サイゴォォォってホンマいい人(*´д`*)オカマがなければ…ね(汗)
ぱっつぁんにやられ、気絶していたピラチンはサイゴォォォの意見に反論。「だってまだ 親父は天下をとってないもの…
最後まで次郎長親分にこだわるのはやっぱりここですね。
どんなに親分が薄汚れよーと、悪く言われよーと、家族の縁を切って出て行ったり、人間捨ててまでたたかってたりする親分が、きっとまた自分のもとへと戻ってきてくれることを待ち望んでる、親分が「必ず帰ってくる」って言ってた言葉どおり、きっと自分のもとへ来てくれることを望んでるんですよね。
ピラチンのお母さんが言ってたとおり、次郎長親分はまだ戦争から帰ってきてないんでしょうね。まだ約束を果たせるようなことをしていないんでしょうね。だからいつまで経っても戻ってこない、目に入れない。
侍の強い想いがそうさせたんでしょうか?また、ピラチンはピラチンでただただ無邪気に親にすがりたい、そういう乙女なんですよ。人斬りと言われ恐れられようとも、家族に見放され独りになっても。
子供は親とのスキンシップが一番大事だと思うんですよね。だからピラチンはそれを果たしてくれるため、果たすために止まる訳にはいかない!と。
この長編が始まった頃から言ってましたが、やっぱりピラチンは大きな何かを抱えていたんです。それが漸くハッキリした。

フラフラになりながらも次郎長親分の元へ行こうとするピラチン。そこへいきなり華陀の援軍が仲間だったはずであろうピラチンを斬ろうとしますオロオロ(゚ロ゚;))((;゚ロ゚)オロオロそれを即座に助けるサイゴォォォ。やっぱこれこそサイゴォォォですね。
どうやら、華陀はこの街をかつての吉原鳳仙のように街そのものを手に入れようとする華陀の策略。
三大傭兵部族最終族、辰羅まで味方につける。なんでかっていえば、ななな、なんと!!華陀はまさかの春雨第四師団団長( ̄□ ̄;)!!
神威は春雨第七師団でした。ようやく新しいものが登場した。このまま神威ことだけかと思ってたから(笑)
てことはアレか!?春雨つながりで神威とか!!晋助たちとかは!?出てきませんか?出してください!!

次郎長親分は外道に身をやつしてまでも戦争が終わった今でもまだ一人で戦い続けている。
そんななかで学んだことが二つ。
このままじゃこの国は天人に食いつくされること
自分(てめー)があまりにも無力だってこと

辰のおじちゃんとの約束を果たすためにも、天人から地球を護ろうとするその志を見失わないためにもってことっスかね?
それでも護りてーもんがあんなら てめーが変わるしかあるめーよ
俺ァてめーらに勝つために人間止めたのさ

こう…辛い過去を背負っている人ほど、その背中はすごく広い気がします。こういう人ほど決心(?)は折れません。
そしてそして!!なんと
かぶき町をなめるなよ
ってすごい強みのある言い方はすんげェ心打たれる感じです。
さらにはその同じタイミングで万事屋メンバー参上。どうやら銀ちゃん、親分の真相には気付いてた様子(笑)
親分が言ったこの言葉は、きっと万事屋のことを指しているんだと思います。戦闘は銀ちゃんとしかやっていないし、スナックたて壊しの時もいなかったのに。
でも、いろんなことがあってもこうやって打ち溶け合えるのはすごく素敵に思います!!

だからね、こういうときに偽予告とかは止めてほしいな…゚~ヽ( ̄Д ̄*)どう考えても銀ちゃんVS次郎長親分なわけないやん。あったとしてもまだまだやろうし。でもきっと和解みたいな感じでハッピーエンドでいくと思うんだ、ウチは。
なんて、調子こいたこと言ってます。ごめんなさいm(_ _)m

てなわけで次回からまたまた万事屋が大暴れしてくれるであろう次回!!
大ヒット祈願Cカラー!!
やったやった!!またカッコいい銀ちゃんたちを拝めれるで!☆(≧▽≦)☆!
大ヒット祈願なんざせんでも大ヒットになること間違いナシやて!!!ウチが保障する(o^-')bなんせウチァ公開初日とGW中に二回も身にいくつもりなんやから!!←え?少ないって?コレが限界なんです。コレでも頑張ってます(汗)
もう待ちどうしくてたまらないo(><;)(;><)o早くみたいよォォォ!!

とかいって、この記事、書きかけでうpしてました(汗)
ところどころ文章がおかしいところがたくさんあります。いや、元からおかしいんだけど。って、それより酷いくらい訳分からない文章があります。
それはね…睡魔にやられましたφ(_ _)。o○グゥ←まさにこの状態
やばかった。今でもヤバイ…(汗)

だからこそ!!銀魂映画でテンション↑↑していつものウチに戻らなきゃならんのです!!ハチャケてやるぜ!!まってろよ!!


その他ジャンプ
↑ジャンプ感想です
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

空雲星月

Author:空雲星月
バカな高二になりましたorz
リアルに何も求めることができてない超→二次元っ子です。
MAINは銀魂。最近はBASARA絶賛ド嵌り中!!
LIKE(character)
銀魂→坂田銀時、高杉晋助、土方十四郎、沖田総悟
BASARA→猿飛佐助、伊達政宗、真田幸村、石田三成、片倉小十郎
LIKE(voice actor)
男性→杉田智和、中井和哉、子安武人、森川智之、保志総一郎、森田成一、関智一、...etc
女性→釘宮理恵、能登麻美子、...etc.
感想・夢小説・声優・音楽…etc.
ほぼ100%あっち系の話です。
管理人多忙のため超→亀更新ですm(_ _)m

入場数
現在の閲覧数
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
銀魂映画予告
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 小説ブログ 夢小説へ
ブロとも一覧

森の中の小さな小鳥

incontenibilegenesi

沖神LOVERS組

ambivalent world

花鳥風月

糖分摂取
素敵すぎサイト様
素敵すぎサイト様②
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。