いいじゃん、適当で。 -厨二病末期患者がお送りするおバカなブログ-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミツバさん誕生日記念短編 *大切な日 -総悟side-*(二次)

ミツバさん お誕生日おめでとうございます!☆(≧▽≦)☆!
ウチはホンマミツバさんが大好きで!!もうミツバ篇なんか感動モンですよ!!
ウチの憧れの人なんです!!マジ尊敬o(≧∇≦o)(o≧∇≦)o
ホンマ、死んでしまったことがなんとも悔やみきれません(∋_∈)
それで、今回はミツバさんに関連した“夢”ではない、“二次”に挑戦しようかと思います(o ̄∇ ̄)/

ここで忠告!!ミツバさんメインではございません!!←( ´゚д゚`)エー

普通、ミツバさんの誕生日なら《ミツバさん》《トシ》《総悟》あたり(つまり真撰組)がメインになるはずなんですが、この話では総悟と銀ちゃんがメインになります。あらかじめご了承くださいm(_ _)m

それでは、ミツバさんのお誕生日小説をどうぞ(≧∇≦)

_______________________________________

カレンダーを覗く

今日は――



*大切な日 -総悟side-*

あれから…もう何年たったんだろうか
姉上、今日は…
「!」
こんな時間に、なんで真撰組の輩がこんな墓場にいやがんでィ。サボりか?←お前がいうな
しかも、あの場所は……
「!!」
最悪な野郎と出会っちまった。なんでよりによってこんな所でガチ会うんでィ。
「こんな所でサボりですかィ?土方さん」
「あぁ?サボり常連野郎が何言ってんだ。それに今日は非番だ。サボりじゃねェ」
「奇遇ですねィ 俺もでさァ。ま、どうせアンタの策略なんでしょうけど」
「変な言い方すんじゃねェ」
いちいちムカつく野郎でィ。ただでさえあんなことがあったんだ。こんなところでこんなのといちゃあ気にくわなくてしょうがねェ
「で?こんな所になんの用ですかィ?」
「決まってんだろ。墓参りだ」
「今までたくさんの奴斬ってきたのに、この人だけ特別扱いですかィ?」
「いちいち勘にさわるような言い方すんじゃねーよ!!」
するに決まってる。だってここは…
「姉上の幸せ奪った野郎が、暢気なもんでさァ」
今日は5月26日。今日は姉上の誕生日だ。命日ではない。だったらくる必要もないのに、なんできやがったんでィ。
昔っから本当に気にくわねェ。いつまでたっても…。
「文句垂れ流ししてねーでさっさとテメーも参拝して来いよ」
「アンタに言われなくても分かってまさァ。死ね 土方
「何か言ったか?コラァ」
「なんにもいってませんぜィ。被害妄想は気持ち悪いですぜ、土方さん」
「ったく…」
いつまでも未練たらしくしてんじゃねェ。素直になれねェアンタなんかに…
とか言ってる俺も全然素直じゃねーや。
アイツよりは全くマシなほうだけどねィ。

参拝も終われば後は帰るだけ。もうコレでお別れなんてちっとものたりねェんで、土方でもいじくって遊ぶとするか。
てなわけで、バズーカ構え。←どんなわけだよ
狙いは土方の…脳天にでもしときましょうかねィ(黒笑)あばよ土方…。
ピピッピピピピ…
「!?」―ありゃァ…
「旦那…?」
「野郎か…?」
チッ、土方とハモッちまった。
「あん?なんでテメーらまでいんだよ」
「テメーら?……」
あ、こっち振り向きやがった。
「総悟ォォォ!!てめェまた俺を狙ってたんだろォォォ!!」
「やだなァ、人聞き悪いですぜィ。そんなこと俺がするはずねーでしょ?」
「100%するつもりだっただろォーーー!!」
「時に旦那、こんなところまで何しに来たんですかィ?花まで持って…」
「無視すんじゃねェェェ!!」
うるせェ野郎だ。黙っててほしいくらいでィ
「あぁ、んなもんテメーらに教える必要なんざねーだろ」
さすがは旦那だ。でもその花…どう考えても
「墓参りですかィ?」
「まぁそんなもんだな。つかどーでもいいだろ」
言っちゃってるじゃねーですかィ。
「誰の…」
姉上…なわけねーか。この人が姉上の誕生日まで知ってるはずもねェ。それに知っててもこの人なら忘れてそうだしねィ。
…じゃあ誰の?
「で?オメーさんらは何で墓地からでてきたの?あんたらみてーな輩がそんな性分持ち合わせちゃいねーだろうに」
自分のことは秘密で他人のことは知りたがるってのか…旦那らしいや。
「…今日は……姉上の誕生日なんでさァ」
なぜか少しだけ言うのをためらった。自分でもよく分からなかった。
「姉上?あぁ、あのネーちゃんか。……へェ。今日が…」
なんだか思いつめたような顔してやがる。姉上の誕生日がなにかあるっていうのか?
「どうせその花束、姉上のじゃねーんでしょ?」
「まぁな。すまねーな」
「どうして謝るんですかィ?」
「いや、なんとなくな。」
よくわかんねーや。ま、俺には関係なさそうなんでそれ以上の深入りはよしときまさァ。
「ま、いろいろあったんだろーけど、この後もヨロシクな、大串君」
この後…?
「誰が大串君だ!!オイッ!待て!!」
「いっちゃいましたぜィ。どーしやす 大串君」
「だから大串じゃねェ!!」
久しぶりに聞いたかもしれねーや。大串なんて。
「……ウォォォォ…!!」
?なんか叫び声が聴こえて…
こんのドSがァァァァ!!
ドガシャーーーーン!!
ってててて…一体なんだってんでィ…
「おめーかよ!!何しやがんだこんのクソチャイナ!!」
「五月蝿いネ!!ここであったが百年目!!今決着つけてやるアル!!」
んでいきなりんな展開になってるんだよ!!大体、百年もやりあっちゃいねーだろィ!!
チャイナのくせに生意気なんだよ!!
「オイ!止めろ総悟!!」
「黙ってろ!死ね 土方!!」
テメーに構ってる暇なんざねーんでィ!!
「ちょっと神楽ちゃん!!そんなことやってる場合じゃないでしょ!!」
「お前は…」
「土方さん!!なんでお二人がここに…」
メガネの方も来てたのか…。なるほど、そーゆーわけかィ
「隙ありアル!!」
「あめェよ!!」
「てめーらに言う必要なんざねェ。つか止めろッつってんだろ!!」

「どうしてくれるアルか!!銀ちゃん見失っちゃったアル!!」
「勝手に突っかかってきたのはそっちだろィ!!」
「うっさいネ!!元はといえばお前がこんなところにいるのがいけないアル!!」
「やんのかコルァ!!」
「アン?ブチのめしたろかァ!!」
「もう止めてってば!二人とも!!」
チッ
「で?何でテメーらは野郎をつけてんだ」
「ハイ。実は…」
メガネ曰く、
旦那がいつもこの日ともう一日は万事屋休業にしてどこかへ行っちまうってんで、一体何してんのか気になってつけてきたってわけだしいでさァ。
「それをお前らに邪魔されたアル!!」
こんのチャイナ…まだ俺達のせいにする気か(イラッ)
「すみません、こんなことになっちゃって…それじゃ、僕たちはこれで…」
なんとかしてメガネがチャイナを連れて行った。まったく、はた迷惑な野郎でィ…
「オイ、どこいくんだ総悟」
「別に、土方さんは先に帰ってて構いませんぜィ」
それだけ行ってもう一回姉上のところに戻った。

そしたら、ソコには土方の野郎が供えた花と俺が供えた花以外にもう一つ、別のモンが供えてあった。
「コレ…」
激辛せんべい…
俺が供えたわけでも、やろうが供えたわけでもない。まして近藤さんでもない…
「旦那………フッ…」
あの人も、素直じゃねーや。誰かとソックリでさァ。
でも、姉上ならきっと喜んでるんだろうねィ…


姉上…
「誕生日 おめでとうございやす」



大切な日
それは5月26日の姉上の誕生日と…

―ありがとう そーちゃん―





☆あとがき☆
ミツバさん お誕生日おめでとうございます!☆(≧▽≦)☆!
ホンマおめでたいです!!マジおめでたい!!
てかね、コレ、ホンマは銀ちゃん視点もこの一話だけに収めるつもりやったんです。
けど無駄にセリフが多くて、無駄に行数が増えて…
このまま銀ちゃん視点も入れたらヤバい位の長さになってしまうんで分けました。(コチラです→)
もともとウチは文章をまとめるのが下手くそなんですよね…(=_=;)表現も下手くそやし。
だからなんか知らないけど神楽ちゃんとケンカしちゃったし。
いやいやいや、もともと神楽ちゃん達は乱入させる予定だったんですが、うまく乱入させられなくてこんな形になってしまいました(泣)
やっぱダメだわ…(汗)コレではミツバさんも絶対喜んでもらえないo(><;)(;><)o
ゴメン ミツバさん!!ゴメン 皆さん!!
こんな星月を許してくださいm(_ _)m
んで、ころっと話が変わるんやけど、この短編、トシVer.でもやってみようかと思い始めました。
もしかしたらまた一人増えるかも…?いや、それは無に近いかも知れない…(笑)

とにかく!!この小説で一緒にミツバさんを祝ってくださる方、どうかポチッとお願いします!☆(≧▽≦)☆!押していただけたら銀ちゃんのほうも頑張ります!!↓
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 小説ブログ 夢小説へにほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

そうそう、最後に『ありがとう』って言ってるの、分かると思いますがミツバさんです。天国から総悟にお礼を言ってる…つもりです(笑)

スポンサーサイト
コメント
No title
こんにちはー(*^^*)

、、、やっっっと来れました(´д`)

よく、コメントとかしてくれてありがとうございます!
めっちゃ嬉しいです(´ω`*)

ミツバさんの誕生日小説、すっごい良いです(#^^#)
なんか、こんな完成度の高っい小説書けるって尊敬~です!

また書いて下さいぃぃ!!
2010/05/29(土) 01:40 | URL | 晴天郎 #-[ 編集]
Re: No title
Dear.晴天郎さん

こんなグダグダなへニョへニョの小説をそんな風に言っていただけるなんてすごく嬉しいです(@´▽`@)
すごいはげみになりました!☆(≧▽≦)☆!
こんなもんでよろしければまた次回も力入れて頑張ろうと思います!!///

とか豪語してますが、どうせウチクオリティなもんだからヘボすぎること山の如しなんですけどね┐('~`;)┌

何はともあれ、読んでくださりありがとうございました!☆(≧▽≦)☆!
2010/05/29(土) 17:22 | URL | 空雲星月 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

空雲星月

Author:空雲星月
バカな高二になりましたorz
リアルに何も求めることができてない超→二次元っ子です。
MAINは銀魂。最近はBASARA絶賛ド嵌り中!!
LIKE(character)
銀魂→坂田銀時、高杉晋助、土方十四郎、沖田総悟
BASARA→猿飛佐助、伊達政宗、真田幸村、石田三成、片倉小十郎
LIKE(voice actor)
男性→杉田智和、中井和哉、子安武人、森川智之、保志総一郎、森田成一、関智一、...etc
女性→釘宮理恵、能登麻美子、...etc.
感想・夢小説・声優・音楽…etc.
ほぼ100%あっち系の話です。
管理人多忙のため超→亀更新ですm(_ _)m

入場数
現在の閲覧数
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
銀魂映画予告
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 小説ブログ 夢小説へ
ブロとも一覧

森の中の小さな小鳥

incontenibilegenesi

沖神LOVERS組

ambivalent world

花鳥風月

糖分摂取
素敵すぎサイト様
素敵すぎサイト様②
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。