いいじゃん、適当で。 -厨二病末期患者がお送りするおバカなブログ-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀時寄り短編(リク) *未来体験*

銀魂夢小説:短編目次

最近、いつからだ?全然長編のほうをうpしてないσ(^◇^;)。。。
なかなかまとまらなくてね(-_-|||)それに最近忙しいし。
ま、そのうち更新するから待ってていただけたら光栄です( ´艸`)

因みに土曜は模試でした。破滅的でした。以上!!


てなわけで(←どんなわけだよ)!!今日はみきさんからのリクエスト、銀ちゃん寄り短編です!☆(≧▽≦)☆!大変遅くなってしまってすみませんでした(-"-;A ...
そういやァ銀ちゃん自体久しぶりなんですよね。もう一ヶ月以上前だ(笑)←銀ちゃんスキーとしてどうよ
久しぶりであってもそうでなくても低クオリティなのはご了承くださいm(_ _)m

ヒロインの名前は“美紀”です。ではどうぞ(・ω・)ノ

_______________________________________

いつかは

現実になれたらいいな



*未来体験*

「てなわけで、しばらくの間預かることになった」
「いや、いきなりそんなこと言われても分かりませんよ」
「だから、言った通りのことだって」
「面倒くさいからって読者にまで適当に済まそうとしてまちゅよ~いけないパパでちゅね~」
「変更な風にあやしてんじゃねーよ!!」
『ダメでしょ!!赤ちゃんの前で怒鳴ったりしちゃ!!』
「「そーだそーだ」」
「テメーら打ち合わせでもしたのか!?んで俺がリンチにあってんだよ!!」
とまぁこんな感じで万事屋の一日はとっくに始まっている。
今回の仕事はどうやら赤ん坊の子守のようだ。
なんでも、依頼主が仕事の都合か、はたまたそれを口実としたただの旅行か、まぁそんなことどうでもいいのだが、そんなこんなで一週間預かることになったという。
「なんか説明下手くそだな オイ」
そういう設定なの。突っ込んじゃいけません!!
『誰と会話してるのよ、キモチ悪っ』
「銀さんだけができる特種能力ってやつ?」
『さあさあみんなでこの子と遊びましょ~!!』
「「ハーイ」」
「あぁィ!!」←コレ赤ん坊

あやしたり神楽が赤ん坊(夢ちゃんというらしい)を振り回したり、投げ合ったりなどなんだか危なっかしいところもあったが、それなりに夢ちゃんは楽しんでいるようだ。赤ん坊の基準が分からない。
しばらくすると、夢ちゃんの機嫌が悪くなっていく。あまり楽しそうな雰囲気ではなかった。
「どうしたアルか?夢」
『最初の時とは随分テンションが違うわね』
「うぅっ…」←コレ赤ん坊
「あ ヤバイぐずりだした」
『おしめとか?』
「違いますよ、多分ミルクの時間なんじゃないですか?」
「私出してみるヨ。今なら出るかもしれない」
「出るわけねーだろ!!何母性に目覚めてんだ!!ってかこの台詞、普通に原作にあっただろ!!」
その通り!!銀ちゃん隠し子疑惑篇でありましたよ☆^(o≧▽゚)
「少しは自分で考えろ!!」
どうやら新八の言っていたことは当たったらしい。赤ん坊は泣いてでしか要求できない。それを理解で知るなんて…ぱっつぁんはお母さん?///
「そんなわけあるかァァァァ!!」
『どうでもいいけどさ、そういう不気味なやり取り止めてくれない?』
「つかよォ、その設定俺だけじゃなかったの?」
え?だってぱっつぁんだし(笑)
「どういう意味だよ。ていうより何自然と小説んなかで会話してんだよ。座談会じゃねーんだよココは!!」
ハイハイ、分かりましたよ。真面目にやりゃいいんでしょ、真面目にやりゃ。
「何拗ねてんのコイツ。殴っていい?ぶん殴っていい?」
『話進まないでしょ』 スパコーンッッ
「ってェ…」

で、結局ミルクをどうやってあげるかっていう議題が上がり、ソレについて万事屋meeting。
「そりゃ決まってんだろ。美紀がじきじk『バカ言わないで!!』グボァ!!」
「何堂々と変態発言かましてんですか!!」
「あぁ?そりゃもう美紀だっていい女なんだし、そんなでけェちc『みんなでスーパーに買いに行きましょ!!』
「「ラージャ!!」」
銀時はあっけにとられ、その他はソレをそのまま放置してスーパーへ。

『結局ついてきたんだ』
「悪ィかよ」
『全然(笑)』
二人が並んで歩いている後ろで新八と神楽は何かひそひそと話し合っている。私もまァ~ぜてっ!!
「あんた、ナレーションとしての自覚あるんですか?」
ありますとも。ちゃんとやってますがな
「どう考えてもやってないでしょ」
「そんなことどーでもいいアル。問題はこれからどうやって抜け出すかネ」
そう、実はこの二人、あのバカップルだけを残し、どこかへ行ってしまおうという作戦を練っていた。
銀時も美紀も相思相愛。互いに素直ではないのだが周りからは丸分かり。
で、今回、夢ちゃんの乱入(?)により、結構いい雰囲気がかもしだされている。これをいい事に、より愛が深まればとガキながらに考えていた。
「一言いらないネ。ブチ殺したろか」
すんませんでした。
「こんなベタなのでいいんじゃないかな」
―まず僕は姉上から連絡があったとかなんとかって口実つけて家に帰った振りをするんだ。その後、神楽ちゃんは通りすがりの友達とかを見つけて遊びにいくというウソを付く。
「新八にしてはまぁまぁアルな」
アレ?なんだか神楽はちょっと不服そう?
「何いってるアルか!べっ別にそんなことないネ!!マジでブチ殺すぞ」
やはり銀時と長い間暮らしていただけある。コイツも素直ではない。
「うっさいアル!!でもっ…」
二人が大事だから、だからこの作戦をのんだ。

「何やってんだおめーら」
少しはなれたところに漸く気づいた銀時が二人を呼ぶ。
そこでまずは新八が作戦を実行。
「あっ、すみません銀さん美紀さん。ちょっと今姉上から連絡があって、今すぐ家に帰らなきゃいけなくなって…すみませんがこの後はよろしくお願いします。」
そそくさにスーパーから出て行った。
「『………』」
じーっと新八の背中を見つめていると、今度は神楽が作戦を実行する。
「あァーーーーーーー!!」
『どうしたの?』
「アイツらが今ここをとおってったアル!!私も一緒に行ってくるネ!!後のことは頼んだヨ」
そういって神楽もその場を離れた。
「『………』」

二人の間に沈黙が訪れる。それを破ったのは銀時。
「あからさますぎるだろ」
『ウン』
どうやら気づいていたようだ。そりゃそうだ、あんなわざとらしい行動。ばれない方がおかしい。
「コレも、アイツらなりの優しさ…かねェ」
そういって不意に美紀の肩に腕を回す。それプラス顔を近づけた。
それを即座に拒んで美紀は顔面に拳を入れる。
『こんなところでオープンは止めて』
「んじゃ家だったらいいっつーこと?」
半分期待が篭ったような声で聞き返す。
『そういう問題じゃありません!!』
ギャーギャーと言い合っていると美紀が抱いていた夢ちゃんがフッと美紀の顔に手を添える。
「あぁ~ううっ」
「んだんだ?いきなりどしたァ」
『喧嘩するなって?』
「あぁぁぁ!!」
「フッ、こんなもん喧嘩でもなんでもねェよ。一種の愛情表現?」
『へっ、変な事いわないで!!』
「おやおや?美紀ちゃーん、顔がまっかですけどぅぉ?」
『うっ五月蝿いっ!!』
「ま、そういうところがあるからやめられねーんだよな。分かるだろ?夢?」
「あぁい!!」
『ちょっとちょっと!!夢ちゃん!!?///』
そんな三人の掛け合いを見ていた周りの人々の中の野次馬おばさんたちが言う。
「あらやだ、仲のいい夫婦だこと」
わざと聴こえるような大きな声で発したもんだからソレが二人にも伝わる。
すれば銀時はまた調子をこき始め、
「仲のいい夫婦だってよ」
『なっ…ッッ!!』
美紀は案の定顔を真っ赤に染める。
恥ずかしくなった美紀は急いで用件を済ませ、店を飛び出した。

「あうっ?」
『なんでもない。なんでもないよ!!』
心配する夢に暗示をかけるように声をかけ続ける美紀。彼女の心臓はそれはもう破裂しそうな勢いでドクドクと鳴っていた。
程なくして銀時が合流。
「逃げんなよ」
『だって…』
「だって…何?」
言えるはずもないのに追求してくる銀時。だが顔は本気だった。
『は…恥ずかしい…じゃないっ///』
さらに顔を真っ赤に染め、夢を抱きしめる力が自然と強くなる。
恥ずかしさを隠すために俯いていたら、ふと夢共々強く抱きしめられた。
何事かと顔を上げれば銀時の顔が目の前にある。そして
『ん………ッッ』
優しいキスが落とされる。
「いずれにゃこうなるだろ。だからその予行演習みてェなもんだと思ってりゃ恥ずかしくもなんともねーだろが」
『なな…っ』
サラリととんでもない発言を平気でかます。
『そう考えたら余計恥ずかしいわよ!!』
「んだよ。オメーは俺と夫婦になりたくねェの?」
『うぐっ……それは…その……』
しどろもどろになってもじもじしているとフッと軽く鼻で笑われ、もう一度口付けられた。
「俺ァおめェがほしい。俺じゃ…ダメか?」
『……そんなこと…ない。私も………銀さんが…いい』
「そりゃありがてェ限りだな、オイ」
クイッと美紀の顎を掴み持ち上げるとゆっくりと、そして深いキスをする。
甘くてとろけそうなそんな感じがした。
そんな光景をマジかで見ていた夢はその二人の間を割って
「アァァァァ!!」
いきなり叫びだす。
「何しやがんだクソガキ!!」
「アブッ!!」
『…怒ってるのかしら?』
ちっちゃな子供のちっちゃなジェラシー。
「…ある意味よォ、子供ができたらできたらで逆に大変そうな気がしてきたわ」
『そこまで考えてるの?』
「ったりめーよ。どうせならある日突然12人の子供に囲まれだな…」
『何ソレ?シスプリならぬチルプリ?チルドレンプリンセス?』
「うやァァァ!!」
どうやら銀時が美紀といちゃついていては怒るようだ。

これでは、残り一週間、この子供のわがままに振り回されそうな勢いです。
始まりは前途多難ってやつ?



未来体験

「何とか上手くいったみたいだね」
「第一段階突破アルな」
「へっ?第一段階って…」
「第二段階はあのガキを消さなきゃいけないアル」
「ちょっとちょっと!!神楽ちゃん!!そんな言い方読者に誤解されるから」

どうやらまだまだこれからみたいです。





☆あとがき☆
みきさんごめんなさい!!大変大変大変遅くなりましたo(><;)(;><)o 
なんやかんややってたら妄想がね…時間がね…
とかいう言い訳を垂れ流してみる。
ハイ、ただ単にウチのわがまま、自己中すぎるせいであります(-_-|||)
またせたあげくこのクオリティ…。どうなんだよそれは( ̄□ ̄;)!!
なんか、万事屋シチュで考えてた時にふと浮かんだのがこのお話だったんですよね。で、妄想したては終わる時の場面は夢ちゃんとのお別れシーンだったんですよ。
でもね、書いてくうちに、日を置くうちに、なんだかこんな中途半端に終わってしまいました(ΘoΘ;)
何故だ( ̄□ ̄;)!!←それはお前に才能がないからだ
あ、そっか(・_*)\ペチ

みきさん、こんなもんでしょろしければどうぞ(・ω・)ノ煮るなり焼くなりなんなりとやっちゃってください(汗)
この話、もしかしたら続編もやるかもですまァそれは星月のわがままによって決まるけど(笑)
ですのでみなさん、楽しみに待っていてくださいm(_ _)m

みきさん、このたびはリクエストありがとうございました!☆(≧▽≦)☆!これからもよろしくっス( ´艸`)
他にもリクエスト募集中なのでみなさんドシドシリクしちゃってください!☆(≧▽≦)☆!

ではでは、ついでにコチラもうpしてパワーを貰って行こう!☆(≧▽≦)☆!↓
にほんブログ村 小説ブログ 夢小説へにほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
スポンサーサイト
コメント
土下座して感謝しますうびゃああああっ!!
最高です最高です最高ですううううっ!!!

・・・・いきなりの暴走大変失礼しました。
ありがとうございますっ!!書いてくださった夢小説読んで、一人でニヤニヤしてたらお姉ちゃんに殴られました。

あはは・・・。だってだって!!こんな素晴らしいものを書いてくれたことがうれしいんだもんっ!!ww

こんな変態のリクなんて聞いてくれてありがとうですっ!!!

続編あるとですかっ!?ww超楽しみにしてますねぃe-420今回は本当にありがとうございましたっ0(●>▽<●)0

また頼んじゃうかもです^^

そのときはよろしくお願いしますe-420













2010/07/15(木) 18:56 | URL | みき #SjRSAlFI[ 編集]
Re: 土下座して感謝しますうびゃああああっ!!
Dear.みきさん→

お姉さんに殴られましたか…ぉお!!(゚ロ゚屮)屮
そりゃビックリ(笑)

こんなグダグダ小説をそこまで褒め称えてくださって嬉しい限りです(´⊆`*)ゞテヘヘ

この話、書いてる最中に続編がポッと浮かびまして( ´艸`)
っつってもわけ分からん話でただ単に夢ちゃんとお別れする辺りの話になるんですけどね///

そんなもんでよければ次も頑張ります!☆(≧▽≦)☆!

コメントありがとうございましたm(_ _)m
2010/07/15(木) 22:19 | URL | 空雲星月 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

空雲星月

Author:空雲星月
バカな高二になりましたorz
リアルに何も求めることができてない超→二次元っ子です。
MAINは銀魂。最近はBASARA絶賛ド嵌り中!!
LIKE(character)
銀魂→坂田銀時、高杉晋助、土方十四郎、沖田総悟
BASARA→猿飛佐助、伊達政宗、真田幸村、石田三成、片倉小十郎
LIKE(voice actor)
男性→杉田智和、中井和哉、子安武人、森川智之、保志総一郎、森田成一、関智一、...etc
女性→釘宮理恵、能登麻美子、...etc.
感想・夢小説・声優・音楽…etc.
ほぼ100%あっち系の話です。
管理人多忙のため超→亀更新ですm(_ _)m

入場数
現在の閲覧数
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
銀魂映画予告
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 小説ブログ 夢小説へ
ブロとも一覧

森の中の小さな小鳥

incontenibilegenesi

沖神LOVERS組

ambivalent world

花鳥風月

糖分摂取
素敵すぎサイト様
素敵すぎサイト様②
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。