いいじゃん、適当で。 -厨二病末期患者がお送りするおバカなブログ-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀時寄り短編(リク) *ドタバタ旅行 中編*

前回の続きです。
何だかんだいって日にちがあいてしまった(泣)
文化祭&体育祭は終わってからまたお知らせしようかなって思います(・ω・)ノ

てなわけで*ドタバタ旅行*後半戦、いってみよー!☆(≧▽≦)☆!

_____________________________________

ちょっと気まずいムードを漂わせながら風呂を出る万事屋一行。
新八は銀時と凪、双方の様子を交互に疑いながら歩く。
(このままじゃ…帰りまで進展しないんじゃ……)
凪と銀時にはどうもいい雰囲気になってほしいようで、まずはどうにかしてこの険悪なムードを乗り越えるかと試行錯誤する。
そこですれ違う女性客の話を小耳に挟んだ。
「今日、この旅館の近くの神社でお祭があるみたいよ!!」
「ホント!?いこいこ!!!」
(お祭か…それだったら…)

「あ、あの!みなさん!!」
少し遠慮がちに皆に声をかける新八。
銀時は軽く不貞腐れた顔をしながら、凪や神楽はきょとんとした顔で新八を見つめた。
「な、なんか今日お祭があるそうなんです!!そのっ、みんなでいきませんか?」
それにいち早く反応したのは凪でも銀時でもなく、全く関係のない神楽。
いや、逆に今のムードを作り出した本人でもあったりする。
「お祭!!?ってことは焼きそばとかとうもろこしとかたこ焼きとか食べ放題アル!!」
この原因が自分にもあることを全く気にせずお祭…というより屋台にものすごく興味を示し、興奮している。
「祭か。ま、神楽もノリ気だすィ?別に俺はどっちでもいいけど新八がいいだしてくれたわけだすィ?
しゃーねェ。みんなでいくとすっか。」
と、わざわざ理由を強調しながら行くという銀時。
実は本人もすごく行きたがっていたようだ。
(どうせわたがしとか、そこらへんの甘味がメインやろ!魂胆バレバレやって)
内心で軽く突っ込んだ凪だったが、自分も祭りに行きたいのは本心だったため、全員一致で祭りに出かけた。



*ドタバタ旅行 後編*

『すごォ~い!!』
ちょうちんがあちらこちらで光り輝き、周りを照らす。
それと比例するように人々の賑わいもまた、祭を輝かせる。
そんな大賑わいに凪は凄く感心していた。
「うっし!!かたっぱしから食って食って食いまくってやるアル!!行くアルヨ!新八!!!」
「え!?僕ッ!!?」
神楽は目を輝かせ、涎を輝かせながらダーダーと垂れ流しながら新八の手を引っ張って勢いよく賑わいに飛び込んで行った。
結局、凪と銀時はそこにポツンと残された。

「『………』」
(き…気まずい…。気まずすぎるんやけど……っ)
新八と神楽とはぐれてからというものの、無言の状態が続いている。
何か話そうにも先ほどの出来事でそういうのがためらわれ、さらには話題がない。
どうしたものかと考えている凪を横に、銀時はスッと歩いて屋台の方へ向かった。
「この甘ァ~い匂いは…綿菓子だ!!綿菓子ィィィィ!!!!」
凪の方を振り返りもせず、更には凪を一人置いて綿菓子の売っている店へ一目散に走っていった。
(なんやねん!!人がせっかく悩みこんでたのに、アイツはそれよりも甘味かッッ!!)
凪は内心でそう突っ込み、軽く怒りを覚えながら急いで銀時の後ろを追った。

しかし銀時が突っ込んでいったのはこの人だかりの中。そんな混雑している人を避けて通るのは一苦労。一度はぐれたら再会するのは困難ととれる。
結局、凪はこれに当てはまり、銀時と完全にはぐれてしまった。
(ど…どないしよ……)
ただでさえ方向音痴な凪。下手に動けば銀時どころか神楽や新八、挙句は万事屋にまでたどり着けなくなってしまう。
こんなところにいても再会することは難しい。
どうすることもできない凪はその場に立ち尽くしていた。すると
「Hey かァ~のじょっ!」←政宗では決してない
(ベタな展開やな…←突っ込むな!!)
「一人?だったら俺達と一緒にお祭まわらない?」
やってきたのは数人の男性。どいつもこいつもちゃらちゃらしている、よくあるナンパだ。
『一人じゃないんで…。』
「どうみても一人じゃん」
遠回しに断ってみるがしつこく絡んでくる。
相手にしていると面倒なのでコイツらから離れようと足を進めると、いきなり腕を掴まれる。
『離してください』
「冷たいなァ。ま、そういうところも可愛くていいと思うけど」
(何コイツ、ものごっつキモいんやけどっ!!)
軽く青筋を立てて退いた凪。どうにかこの場を抜けたいのだが、掴まれている力が思いのほか強く、振りほどくことが出来ない。
このままでは本当に男達に連れて行かれてしまう。
そんな風に焦り始めると共に思い浮かんだのは
(銀さん……っ)

「ちょっとちょっと、何やっちゃってくれてんの」
凪の腕を掴んでいた男の手をガシッと掴み、凪から引き剥がす。
その握っていた手の力が強いのか、男はムリヤリ払いのけ、相手を睨む。
すると助けた男のほうはバッと参ったというように両手を上げる。
「なんだてめェは!!」
「あん?なんだチミはってか?そうです。私が
 凪の彼氏ですっ!!」
『銀さんっ!!!』
現れたのはわたがしを買いに行ってはぐれてしまったはずの銀時。もちろん彼の片手にはギュッと綿菓子が握られている。
(ん…?今、アイツなんて言った?)
銀時が来てくれた事に嬉しくなっていた凪は、もう一度彼の発言を脳内リピートする。
(……彼氏ってゆーた?)
明らかに堂々と言っていた。それはもうはっきりと。
『~~~~~ッッ!!!?/////』
ワンテンポ遅れてすごく恥ずかしいことを口にされたことに気づく凪は顔を真っ赤にして軽く後ずさりする。
「おっせェ反応だな オイ。銀さん一人で恥ずかしいこと言ってる図になっちまっただろーが」
『知らないよそんなこと!!勝手にそっちがいいだしたことじゃない!!!///』
「ツンデレか?」
『違います!!!』
もうナンパ男は蚊帳の外。二人だけの世界で盛り上がってしまっていた。
そんな置いてけぼりの男達はチッと舌打ちしてその場から去っていった。

「ったく…オメーは危なっかしいな」
『銀さんが勝手に一人で行くから』
「んだ?置いていかれて寂しかったのか?」
『違うってば!!』
「素直じゃねーな」
『五月蝿い!!!』
男達が去っていったのも知らず、未だに言い合いを続ける銀時と凪。
周りからは軽く微笑ましい目で見られていたことに二人は気づかない。
『もとはといえば銀さn
「そう怒んなって」
んぐっ…』
凪の言葉を遮るように持っていた綿菓子を彼女の口に突っ込ませる。
いきなりそんなことをやられ、まして口を大きく開いていたために否が応でも綿菓子を口にすることとなった凪は一口だけかじり、すぐに口から離した。
「ぅんめェだろ」
『……ん…』
そういって二人だまってジッと見つめ合った。そしてゆっくりと互いの顔を近づける。

ちょうどそんなときに、
「凪ィィィィィ!!」
『んがっ!?グボハッ!!!!』
神楽が凪へ突進してきた。
(溝に…溝にクリンヒットくらったっ……)
夜兎族である神楽の突進は、ただの一般市民な凪には堪えるもの。
さっきまでのいい雰囲気はこの一軒によって台無しになったのはいうまでもない。
「神楽ァァァ!!ちったァ空気読め!!」
「うっさいアル!!凪が視界に入ったから飛びついただけヨ!!汚らわしい人間から凪の鮮血さを護るためネ!!」
「それは俺のことか コノヤロー!!」
親子喧嘩が勃発。どこにいようと変わりはしない。
「すみません、凪さん。大丈夫ですか?」
『平気……』
(たぶんな…)
すこし痛みの和らいだ凪は身体を起こし、親子喧嘩をしているバカ親子の様子を見つめる。
『さすが…だね』
「ですね(苦笑)」

いつまでたっても変わらない。お祭はこれくらい賑わってたほうが楽しい。
そう感じた凪だった。



*続く*





☆あとがき☆
………アレ?おかしいです。
前後編で終わらすつもりが終わらなかった( ̄□ ̄;)!!
なァ~ぜェ~!!?←お前に才能がないから。
その通りでございますm(_ _)m
もうわかりきったことですよね(笑)
かけばかくほどどんどん長くなって無駄に妄想広がって、何時の間にやらこんなになるまでやっちゃってるっていう(-_-|||)
次回こそは!!必ず!!いや、ほんとに!!マジでちゃんと終わらせますって!!!
凪さんのサイトはもうすぐ68万Hitしちゃいますが、必ずや70万に行く前に終わらせて見せます!!
てなわけで、いまから後編を書きに参るのでこれにて失敬ε=ε=┏( ・_・)┛

あ、できましたらこちらをポチッと押していただけるとありがたいですm(_ _)m↓
にほんブログ村 小説ブログ 夢小説へにほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

空雲星月

Author:空雲星月
バカな高二になりましたorz
リアルに何も求めることができてない超→二次元っ子です。
MAINは銀魂。最近はBASARA絶賛ド嵌り中!!
LIKE(character)
銀魂→坂田銀時、高杉晋助、土方十四郎、沖田総悟
BASARA→猿飛佐助、伊達政宗、真田幸村、石田三成、片倉小十郎
LIKE(voice actor)
男性→杉田智和、中井和哉、子安武人、森川智之、保志総一郎、森田成一、関智一、...etc
女性→釘宮理恵、能登麻美子、...etc.
感想・夢小説・声優・音楽…etc.
ほぼ100%あっち系の話です。
管理人多忙のため超→亀更新ですm(_ _)m

入場数
現在の閲覧数
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
銀魂映画予告
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 小説ブログ 夢小説へ
ブロとも一覧

森の中の小さな小鳥

incontenibilegenesi

沖神LOVERS組

ambivalent world

花鳥風月

糖分摂取
素敵すぎサイト様
素敵すぎサイト様②
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。