いいじゃん、適当で。 -厨二病末期患者がお送りするおバカなブログ-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀時誕生日記念短編 *鈴の音と*

銀魂夢小説:短編目次

ハイ、やってきました!!
我らが銀魂主人公、坂田銀時の誕生日です!☆(≧▽≦)☆!
とかいいつつ、あと4時間弱で終わってしまう…orz
しゃーないやん!!今日はバレーの試合だったんじゃいっノ ̄□ ̄)ノ ~┻━┻ドガシャーン!!
帰りに友達とその親とで1時間ぐらいトークしとったんじゃいっノ ̄□ ̄)ノ ~┻━┻ドガシャーン!!←待て
いいじゃん!!ちゃんと祝うんだからいいじゃん!!!!
とひねくれてる星月です(゚∇^*) テヘ♪

私の銀ちゃん好きは冷めないですね///もうマジタイプでたまりません( *´艸`*)
銀魂を知るまでは、ハマってもそこまでだったし、結構深入りしなかったんですよね。でも銀ちゃんは違う。銀魂は違う!!
私をここまでほれ込ませられるのは空知以外にいません<o( ̄^ ̄)o> エッヘン!!
こんな神作を生み出してくれは空知はホントに神だと心から思います!!
ありがとう、空知!!これからも締め切りを戦う日々が続くと思いますが頑張って!!☆^(o≧▽゚)o

そして銀ちゃん!!あんたが生まれてくれて本当によかった!!!
マジカッコいいです!!大好きです!!!
ウチは国語力がないので上手くはいえませんけど、
銀ちゃんがいなかったらいまのウチはいません。マジいまのウチがいるのは銀ちゃんのおかげです!☆(≧▽≦)☆!
幼少銀ちゃんも、白夜叉も、万事屋銀ちゃんも、金ちゃんも
全ての銀ちゃんが大好きです!!!
性格はホントジャンプ主人公にあるまじき姿ですが、そんなところも銀ちゃんの魅力だと思います( *´艸`*)
だってそれがないと銀ちゃんじゃなくなるじゃないですか。銀ちゃんはジャンプの理想の主人公とは違ったところがあるからこそ銀ちゃんであり、だからこそ大好きなんです!!
何よりも仲間を見捨てない心、どんなことがおきようと最後まで護り通そうとするところがある彼がすごくカッコいいと思います!!
万事屋愛とかはホントたまりませんよ( *´艸`*)
理想の家族はこんなもんじゃないですかね?いや、ここまではいかんけどこの親心…っていうんですか?
万事屋たちの信頼関係?てのはホントすごいものです。
そんなお前らが
大好きだァァァ!☆(≧▽≦)☆!

てなわけで、夢小説に移ります。
今回はこの後また座談会を開きますよ(・ω・)ノ
ゴリラと全蔵の日以来だからもういつもグダグダなのにさらにグダグダになること間違いナシじゃないですかね?
それでも楽しんでいただけたらなって思います!!

さて、今回は銀ちゃんの幼いころの時代の夢となってます!!
甘…ではなく切&ほのぼのって部類ですかね?恋愛とは全然かけ離れてます。そっちの愛よりも家族愛の方に視点を向けられたら嬉しいです///


ヒロイン(?)の名前は“園香(そのか)”です。ではどうぞ(・ω・)ノ

へったくそな流血表現が含まれております。





今日は


私にとっても…

あなたにとっても…

そして…あの人にとっても……



*鈴の音と*

遡ることちょうど一年前の今日。

先生はある男の子を連れてきた。

その子は服も身体も全てがボロボロだった。

土なんて生易しい汚れじゃない。コレは…血が乾いて黒く残ってしまった跡。

体のそこかしこに返り血だけでない、彼自身の傷による血もついていた。

そして何よりこの髪。

普通の人間ではありえない、銀色の髪の毛。

あらゆる方向に好き勝手放てるその髪にも、黒く乾いた血がベットリ。

普通の人達なら、きっと恐れおののいて彼を気味悪がっただろう。

でも先生は違う。

そんな彼だからこそ、ここに連れてきた。

そんな彼だからこそ、私も受け入れたんだと思う。


**********


「園香さん、ちょっといいですか」

先生に呼ばれ、家事を一通り終えてから先生のもとへ立ち寄る。

用件は何かと思えば、彼のことについてだ。

「彼が来てからもう一年になる。晋助や小太郎達には何度も誕生日を祝ってますが、彼だけまだでしょう」

彼には名前がなかった。生まれた日だって分からなかった。

家族さえない、孤独で恐怖な世界で生きてきた彼は愛情というものを知らない。

だからこの一年間、私と先生はありったけの愛を注いだ。

それが彼に届いているかはわからないけど。

そんな彼がここへきてもう一年をすぎようとしている。

彼が、他の子たちと同じように家族を、家庭を、愛を感じ育っていくにはまだまだ足りない物だってある。

一年間でたくさんのことを知って、学んで成長していく彼にもっとたくさんの愛を注げたら…

他の子達となんら変わらない人生を歩んでいけたら…

「もうすぐここに来て一年になりますしね。ちょうどいいでしょう?」

『それもそうですね…。』

明日は彼にとって、とても特別な日になりますように…

そう願った。



「銀時、おいで」

先生が彼を呼ぶ。

その間に私は他の塾生といっしょに準備に取り掛かる。

彼は唯一心のそこから警戒心を解いて接している松陽先生に素直についていく。

その様子を見ていた晋助なんか嫉妬心むき出して表情を曇らせてた。

『フフッ…自分だったらよかった?』

「そっ、そんなことない!!」

相変わらずのプライドの高さに少し可愛く思ってそっと頭を撫でてまた作業に戻る。

彼だけじゃない。他の子達だって先生を慕ってる。

私なんて比べ物にならないくらい凄く慕ってる。

だからかな。私は少しだけ、本当に少しだけ先生に嫉妬した。

ある程度準備が整ったら、すこしだけ席をはずす。

彼が…先生までとはいかなくてもいいから……ほんの少しでいいから…

ちょっとした私だけが知る内緒ごと。



ようやく主役の登場。

みんなでいっせいに「誕生日おめでとう!!」って迎えてあげたら、案の定ビックリして目を思いっきり丸くした。

慣れてないんだもの。当たり前だけどね。

一人一人彼に近づいて一声かけながら花一本プレゼント。

わけのわからない彼はただただたじろいてどうしていいか分からない表情を浮かべていた。

「今日は君の誕生日ですよ、銀時」

「たん…じょう……び?」

「そうです。君が生まれた日」

「だって…俺は……」

『今日は君が“坂田銀時”としてここにやってきたでしょ?

あなたがここに来た日が君が生まれた日。違うかな?』

「俺が…生まれた日……」

本当はいつ生まれて、どういう名前かなんてどうだっていい。

ただ先生に、私に、そしてみんなに出会えたあの時の瞬間が彼にとって大切な時間だったんだと思う。

そんな日が誕生日。

坂田銀時としての、誕生日。

「………ぅ」

俯いた彼から「ありがとう」、そう聞こえた気がした。

それに、俯いてはいたけれど嬉しそうに頬を紅く染めて喜んでいるように見えた。



皆がいなくなったあと、夜も暮れてきた時間、まだ彼は起きていて縁側から夜空を見上げていた。

たまたま通りかかった私はそんな彼に声をかける。

『そんなとk

「星見てんだよ」

……気づいてたの』

「当たり前」

まだまだ無愛想で、そっけないのは抜けてない。でも、初めよりかは全然心を開いてる。

今だって、昨日までより開いてくれてると思う。

『キレイだね…』

「………」

今なら言える。

ううん、今しか言えない。

『銀時…?』

「何」

『誕生日おめでとう』

「それもう聞いた」

『そうじゃなくて』

私の返答の意味が分からないのか、少し訝しげな目で私を見つめた。

『ここにきてくれてありがとう』

「は?」

『生まれてきてくれてありがとう』

チリン

そういって彼の手に鈴のついた紐を置いた。

「何これ」

『鈴』

「見りゃ分かる」

『あ、やっぱり?』

「………」

『ひどい!無言で返さなくてもいいじゃない!!』

「気持ち悪ィ」

『ガキのくせに…』

「大人気ねェやつ」

『うるさいわね』

ちょっとした口論。でもどこか楽しくて、彼も楽しそうで、

そんな時間がずっと続けばいいのにって思った。

『これは銀時が持ってて。それで、大きくなってたくましくなったら私に返してね』

「それ誕生日のおくりものなのか」

『そうだよ』

ニッコリ笑ってそういったら、「そっか」ってだけ言ってギュッと鈴を握り締めた。

その後は私も彼も、黙って空を見上げてた。



**********


しばらく適当にやってたらすんげェ家が汚くなってやがった。

「銀さんがいつまでもほったらかしにするからですよ!!」

なんてどっかの眼鏡が言ってっし、

「いつものことだから仕方ないアル。もう何言っても無駄ネ」

なんてどっかのガキは言ってやがるし。

「銀さん!!せっかくパーティやるんですから部屋の片づけしてください!!」

なんで俺の誕生日に俺が片づけしなきゃいけねーんだよって話だ。

文句垂れ流したら自分の部屋だけでもって奥に追いやられた。しかも荷物全部出していっちまいやがった

ぜってェ後でシバく。

そう思いながら仕方なく整頓し始める。

しばらく経ってからだろうか。

ようやく大半の荷物片付け終わって、あと少しって時だった。

チリン

聞き覚えのある音。

どこにあるのかと探してみれば

「こいつァ…」

もう全体がさび付いちまって、ところどころ凸凹凹んでる部分もある古びた鈴、それにボロボロに擦り切れて土や血で汚れてやがる鈴を繋ぐ紐。

いつだったか、ずっと前にもらったモンが今頃になってでてきやがった。

『大きくなってたくましくなったら私に返してね』

って約束したっきり、結局果たせなかった。

いや、まだ果たしてねェだけかもな。

だってそうだ。俺ァ大人になったが、逞しくはなってねェ。

護るべきモンさえ護りきれずにどこが逞しいっつうんだ。

「何やってんですか銀さん!!ボーっとして掃除サボらないでくださいよ!!」

「うっせェんだよダメガネ!!」

「なっ!銀さんがこんなんになるまでほったらかしにするから!!」

「それさっき聞いた」

「いい加減に仕事しろこのクソ天パがァァァ!!…って、何持ってるんですか?」

新八の目はこの鈴にいく。

「それ、もうボロボロじゃないですか。いつまで持ってるんですか?」

「黙ってろダメガネ。コイツァ捨てんじゃねーぞ。もし捨てたらお前八つ裂きの刑な(執行人は神楽で)」

「ちょっと!!最後の()内が一番危険なんですけど!!ちょっと銀さん!?どこ行くんですか!!」

「散歩」

「部屋全部片付けてからにしろォォォォ!!!」

ダメガネの叫びなんざどーだっていい。だからそのまま無視して外へ出た。

いつもの公園にいって、いつものベンチに寝転がって、そして空に鈴をかざす。

「………」

もう何年たつか…。

返してっていった割に、先に逝っちまいやがって…

返すにも返せねェじゃねーか。

ま、大事に持ってる俺も俺か…

それに、まだ返せやしねーけどな。


今度は…もっと強くなって、逞しくなって。

皆を護りきれたら……


「そんときゃ返しにいくよ」



鈴の音と

大切な約束





☆あとがき☆
あひゃひゃひゃひゃ!!(笑)誰だこれ、何だこれorz
わけわからんモンが出来上がった(泣)
でもでも!!もう約一ヶ月弱ぶりにしては頑張ったほうじゃありません?
最近は全然妄想できてなかったわりには結構いいせんいってません?←いってねーよ
このお話は前々からやろうって思ってたので、ようやくうpすることができて嬉しく思います!!!
鮮明に妄想してあるとクオリティもほんのちょっとはあがるよね!!☆^(o≧▽゚)o←えー
こう…リズムにノるっていうんですかね?ササーといっちゃいました(´⊆`*)ゞテヘヘ
最近は全然夢もうpできてなかったのでホントいい気分転換にもなりました///
やっぱ夢っていいね( *´艸`*)

実は、かずはさんのブログの方で紹介された絵でとある妄想が広がりまして( *´艸`*)
その小説もうpできたらいいなって思ってます!!いつになるかはしりませんけど←オイ


ではでは、今日は一緒に銀ちゃんを祝っちゃおうってことでコチラをポチッとお願いしますm(_ _)m↓
にほんブログ村 小説ブログ 夢小説へにほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
スポンサーサイト
コメント
お久しぶりですー^^
ちょっ何これ最後きゅんって切なくなった(´;ω;)
主人公ちゃん死んでしまったのかTДT
大事に持ってるとか……(;Д;)

なんか鈴欲しくなったっっ><*
2010/10/24(日) 00:11 | URL | 銀那 #-[ 編集]
Re: お久しぶりですー^^
Dear.銀那→
きゅんってなったくれたとは…
頑張った甲斐があったよ……(ノд-。)クスン←えー
そうなんス。ヒロインちゃんは死んじゃった設定です。
裏設定的にはこう…村塾が炎上したときに松陽先生死んじゃうじゃんかね?それといっしょにヒロインちゃんも死んじゃった~みたいな感じですよ(・ω・)ノ
超→どうでもいい設定(笑)

銀ちゃんってホラ!!“かぶき町四天王編”で言ってたじゃん!!
「俺ァもう二度と約束は違わねェ」ってね!!
だからその約束を果たすまではずっと大事に持ってるんだよ!!!きっと!!←どんな妄想だ

もういっそウチが鈴になりたい( *´艸`*)←やめれ
2010/10/25(月) 22:25 | URL | 空雲星月 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

空雲星月

Author:空雲星月
バカな高二になりましたorz
リアルに何も求めることができてない超→二次元っ子です。
MAINは銀魂。最近はBASARA絶賛ド嵌り中!!
LIKE(character)
銀魂→坂田銀時、高杉晋助、土方十四郎、沖田総悟
BASARA→猿飛佐助、伊達政宗、真田幸村、石田三成、片倉小十郎
LIKE(voice actor)
男性→杉田智和、中井和哉、子安武人、森川智之、保志総一郎、森田成一、関智一、...etc
女性→釘宮理恵、能登麻美子、...etc.
感想・夢小説・声優・音楽…etc.
ほぼ100%あっち系の話です。
管理人多忙のため超→亀更新ですm(_ _)m

入場数
現在の閲覧数
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
銀魂映画予告
ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村 小説ブログ 夢小説へ
ブロとも一覧

森の中の小さな小鳥

incontenibilegenesi

沖神LOVERS組

ambivalent world

花鳥風月

糖分摂取
素敵すぎサイト様
素敵すぎサイト様②
このブログをリンクに追加する
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。